ビューティーシティー

季節毎に役立つ美容情報をお届けします。

冬に効果的な保湿ケア方法

   

冬の乾燥対策!3つのポイント

冬は空気が乾燥する季節。
気温も低下し、お肌にとってはダブルパンチのダメージです。
その為、お肌が乾燥するといった肌トラブルが特にひどく見られるようになります。
お肌が乾燥するとシワやたるみなどの原因となり、きちんと保湿ケアをしないと大変な事態になってしまいますから気が抜けません。

冬の乾燥の酷さは、肌から水分を奪い取りかゆみを発生させてしまいます。
空気に水分がなくなり、肌から水分がどんどん吸い取られてしまうのです。
しかも、寒いからとエアコンを付ける事でさらに乾燥状態をひどくしてしまいます。

さらに、冬の寒さは乾燥だけでなく血液のめぐりも悪くします。
気温が下がるとともに体温が低下し、血管が収縮。
肌表面はもちろん、手先や足先などの血液循環も低下してしまうのです。

お肌のターンオーバーの周期も乱し、肌の潤いに必要となる皮脂や汗の分泌まで低下させてしまうのですから困ったもの。
さらに、お肌に水分をとどめる事ができずカラッカラとなってしまい、
爪などでひっかいてしまうだけで簡単に肌トラブルが出来上がってしまうほどなのです。

こうした乾燥が厳しい冬から肌を守るには、保湿ケアの選び方が大事なポイントとなります。
肌を潤す働きがある成分がしっかりと配合されたものを選ぶようにしましょう。

例えば、油脂性のオイルであれば、皮膚の表面に油脂性の膜を張って水分が蒸発するのを防いでくれます。
肌の水分を逃がさない…ということが、乾燥から守るのには大切なのです。
乾燥がひどい肌は、ちょっとした刺激にも敏感になっていますから、できればオーガニック無添加といった優しいケアアイテムを選ぶようにすると尚いいです。

また、常に水分が蒸発しないように、不足しないようにしなければいけません。
特に気を付けたいのがお風呂上がり。
お風呂から出たらすぐに保湿ケアしないと、あっというまにお肌は乾燥してしまいます。
「体を拭いたらすぐに保湿」が鉄板です。

保湿

冬の保湿

そして、スムーズな血液循環もお肌のうるおいには欠かせません。
寒さで低下してしまわないように、適度に体を動かすようにしましょう。
日常生活の中で、少しでも体を動かすようにするだけでも十分です。

例えば、エスカレーターやエレベーターをやめて階段にしたり、自転車で行くところを歩いて行ったりと…意外と生活の中に体を動かすチャンスはあるものです。
体を動かす事で温まり、血液循環も良くなります。これは乾燥対策にはとてもいい事なのです。

冬はすこし気を抜いただけで乾燥してしまいます。
カサカサ粉吹き肌にしない為にも、肌の状態に常に気を配り、必要な保湿ケアを念入りに施してあげましょう。
優しくいたわることで、厳しい冬もふっくら柔らか肌で乗り越える事ができます。

 - 保湿

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!