ビューティーシティー

季節毎に役立つ美容情報をお届けします。

肌に優しいエアコンの使い方

   

汗はしっかりと拭きとり、風は直接あてない

エアコン

エアコン

夏の暑い時期や冬の寒い時期には、エアコンはなくてはならない必須家電。
でも、エアコンがお肌の水分を奪ってかさかさにしている…といったことはご存知でしょうか?
乾燥しやすい冬はわかるけれども、湿度が高い夏は乾燥とは無縁と思われがちですが、エアコンを使う事で肌の中の水分量がかなり減ってしまっているのです。

夏の場合では、エアコンが効いている室内は涼しく汗もかきませんが、ちょっと外に出ただけで滝のような汗がダラダラと流れ出てきます。
出たり入ったりと繰り返している人ほど、汗をかいてもエアコンの効いた室内に入る事で乾くの繰り返し。
ちょっとの汗では拭かないでそのまま放置する事が多く、そうした「肌の上に水分がある状態」でエアコンの風が当たると、
汗が呼び水となって肌内部の水分までも蒸発させてしまうのです。

夏のエアコンによる乾燥は、汗をかいたらハンカチなどでしっかりと拭き取る事が大事。
こまめにふき取ることで肌内部の水分を守り、角質層のバリア機能も守りますので、無駄な乾燥を阻止するように少しの汗でも拭くようにします。
ただ、その際にはゴシゴシこするのではなく、優しく押して吸収させるようにします。

また、エアコンの風に直接当たらないようにすることも大事。
エアコンの風が直に当たるのと当たっていないのでは、乾燥の進み具合がまったく違うのです。
例えば、洗濯物を扇風機の風に当てると早く乾きます。
それと同じことが肌にも起こるのです。
エアコンの風は直接当てるのではなく、壁に当ててうまく室内を循環するようにします。
それは、夏だけでなく冬の間も同じです。

冬のエアコンが顔をテカらせる

夏は汗による乾燥がひどくなりがちですが、冬は乾燥によるテカりがひどくなりがちです。
このテカりは特に顔によく出るもので、単に皮脂分泌が過剰になっている皮脂性の肌質といったことではなく、乾燥肌による症状といえるもの。
乾燥したらカサカサになると思っている人が多いですが、肌内部の乾燥をすこしでも緩和させようと、
肌自らが皮脂の分泌を促して保湿しようとしている状態なのです。

肌内部の水分というのは、エアコンにあたっていなくても蒸発しています。
寝ている間も水分が蒸発しており、大体コップ1杯分は失うと言われているほど。
そんなに汗をかいていたら布団が濡れて気が付く…と思われがちですが、汗をかいても乾いてしまうのでなかなか気がつきにくいのです。

ですから、日頃からしっかりと水分補給をしておく事、顔や体への保湿も入念におこなっておくことが必要不可欠となります。
最近では、外出先でお化粧の上からできる化粧ミストなども販売されています。
こうしたものを利用すると、肌の乾燥が感じられた時になどにシュッと手軽に保湿することが可能となり、いつでもどこでも乾燥を予防できます。
また、お風呂上がりや朝の洗顔後などの乾燥しやすい時には、時間をおかずに保湿をおこなうようにするのが大事。
そうして手間が、冬のエアコンによるテカリを予防していきます。

 - スキンケア

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!