ビューティーシティー

季節毎に役立つ美容情報をお届けします。

春の美容習慣

   

花粉症の2次被害に注意!

春

寒さで何をするにも億劫で、家にこもりがちな冬。
そんな冬の寒さが和らいで訪れるのが春です。

温かい気候に、家にこもりがちだった人も外に出るように。
花も植物も活発に変化を見せるようになるので、気持ちも自然とうきうきしてしまいます。

でも、そんな過ごしやすい春は、肌荒れ体調不良などを起こしやすい季節でもあります。
お肌は気候の変化に敏感に反応しますので、季節にあったケアを施さないといけないのです。

まず、春といえば花粉が活発に飛び交う季節。
天気予報でも花粉の飛散予報などが加わり、街ではマスクをつける人ばかり…。
花粉による目のかゆみや鼻水、喉の乾燥などもつらいですが、それによる肌への2次被害も相当なもの。

特に気をつけたいのが鼻水による鼻のかみすぎ。
これによって鼻のまわりの乾燥がひどくなってしまうのです。

この予防には、マスクをするのはもちろんですが、できれば保湿効果が期待できるフィルターが付いているのを選ぶようにするといいでしょう。
喉の痛みがひどい時は、濡れマスクをつけて寝ると軽減できます。また、乾燥ケアの基本である保湿クリームの活用も忘れずに。
外出するときは、クリームをつけてからマスクをして…です。

春は肌荒れしやすい

そして、春は肌荒れが起こりやすい季節
いつもは肌荒れとは無縁…なんて人も、春になると不思議と肌が荒れるようになる事も。
にきびもできやすいので、ケアが大事となります。

ただ、肌荒れが起こるようになったから…といって、むやみやたらにこれまで使っていた化粧水などのスキンケア製品を変えてはいけません。

なぜなら、この時期は肌が敏感になっているから。
そんな状態の肌に、普段とは違う慣れていないスキンケア製品を使うのは逆効果になってしまうこともあるのです。

逆に変える事で良い変化があることもありますので、まずはパッチテスト。
それからのほうが安心です。

また、春とはいえ紫外線が強くなってきているので、しっかりと対策をするようにしましょう。「まだ夏じゃないし…」なんていっていると、シミやシワがどんどん進行する事になります。
しかも、敏感になっている肌が紫外線を浴びることは、肌荒れをひどくしやすいのです。外出時には、常に日焼け止めを塗るようにしましょう。

そして、基本でもある保湿は忘れずに。
冬にダメージを受けて乾燥している部分が残っていることもあるので、入念に優しい保湿を心がけるようにします。
低刺激の保湿クリームを選び、肌に合わないと感じた場合はすぐに別のクリームに変えるようにします。

 - 肌トラブル, 花粉症

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!